西内薬局について
創業 94年 の信頼と安心。そして確かな情報を
提供するあなたの健康アドバイザー、西内薬局。



トップページに戻る


<西内薬局の 沿革>

・東一番丁通りでは薬局として初めて開局したのは1924年(大正13年)3月25日、東一番丁7番地でした。
 
・西内薬局の名前の由来は創業者の兄が東一番丁通りの現在の大内屋の場所で、向かいの藤崎と同じ三階建ての西内楽器店を経営しており、そ の屋号を頂いて薬局の名前としたのです。

・その後仙台空襲の戦災に遭い、旧南町通り10番地に移転開業しました。
東一番丁通りの南の出口、かつての斎川スポーツから仙台駅方向へ歩いてすぐ、現在の明治屋のとなりの場所です。戦後高度成長期を38年営 業しました。

・当時は地元の大学教授、有名タレントや文化人、著名なお相撲さん、大会社社長などがよく来店されていました。

・昭和62年12月、仙台駅前朝市アメ横入り口のピースビル1F(旧タカハシビル)に移転、新規開店しました。

・当地には平成4年7月に移転開局する運びとなり現在地での開局26年目に至っております。

●当薬局の姿勢は一人一人のお客様に懇切丁寧に接し、何が今の症状に一番合っているかを見つけてアドバイスすることです。

★なお、最寄りの販売店のお問い合わせは日邦薬品工業ま でお願いいたします。


 


nisiuci-front1


nisiuci-tennai-1


nisiuci-tennai-2


nisiuci-tennai-3

●営業時間
  平日 9:30−20:00
  祭日10:30−18:30

●定休日

  毎日曜日

●薬剤師 佐藤 真

●店舗所在地

 仙台市泉区高森4−2−4
  (泉パークタウン高森四丁目バス停前)

グーグルマップ googlemap
高 森4丁目広域地図(mapion)
イラスト地図はこちら

2018/ 9/ 1

(c) Copyright 2002-2018 Farmacia NISHIUCHI, Ltd. All right reserved.